【Angular】10分で分かるAngularMaterialのSlidetoggleの使い方

0
【Angular】10分で分かるAngularMaterialのSlidetoggleの使い方


原田です。今回はSlidetoggleについて解説を行います。

ソースコードはGitHubで公開しています。

AngularMaterialの環境構築については、こちらを参照してください。
http://issier.com/archives/17#

※ Slidetoggleを利用するには、MdSlideToggleModuleをインポートする必要があります。



スポンサーリンク




サンプル

ソースコード


https://gist.github.com/shinji5761/99f10474a03f2c68393d0e06287633fd

ソースコード解説

Slidetoggleではmd-slide-toggleを利用できるようになります。md-slide-toggleは以下のパラメータを設定できる。

md-slide-toggleのパラメータ

種類 パラメータ 概要
Input checked チェック状態を設定する。
labelPosition ラベルの位置をせっていする。before, afterで指定する。
disableRipple Slidetoggleを押下したときのアニメーションを設定する。
Output change Slidetoggle変更イベントハンドラ。

まとめ

Slidetoggleについて解説した。


スポンサーリンク




コメントを残す