【Angular】10分で分かるAngularMaterialのSliderの使い方

0
【Angular】10分で分かるAngularMaterialのSliderの使い方


原田です。今回はSliderについて解説を行います。

ソースコードはGitHubで公開しています。

AngularMaterialの環境構築については、こちらを参照してください。

【Angular】10分でわかるAngularMaterial環境構築



スポンサーリンク




サンプル

Sliderを利用するには、MdSliderModuleをインポートする必要があります。

ソースコード

ソースコード解説


Sliderは、md-sliderを提供しています。md-sliderには、以下のパラメータを設定できる。

md-sliderのパラメータ

種類 パラメータ 概要
Input min 最小値を設定する。
max 最大値を設定する。
value 値を設定する。
tickInterval 目印の間隔を設定する。最大12を設定することが可能
vertical スライダーを縦にする。
invert スライダー終始を逆にする。
Output input スライダーを値が変化しているときのイベントハンドラ。
change スライダーを値が変化し、決定したときのイベントハンドラ。

まとめ

Sliderについて解説した。


スポンサーリンク




コメントを残す